読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこくまブログ

もはやただの雑記です。

ジャンプ+の悪魔のメムメムちゃんが、オドオドずうずうしくておもしろい!

漫画 漫画-WEB漫画

f:id:tomo20150322:20160727212407j:plain

「きしょいよおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」

 

どうも! 筆者ともです。

 

さっそくなんですけど、みなさん、読み切り漫画ってご存じですか?

ふだん、漫画雑誌を読み慣れていない方に説明すると、連載(続き物)ではない、1話でまとめて完結される作品のことなんです。

 

読み切り漫画は、その雑誌でかかえている新人の腕試しの場でもあり、世間に自分の漫画が通用するのかを問う場でもあります。読み切りで、読者の反応を編集部が読み解き、「これはイケる!」と判断された新人作家が連載へとステップアップしていくという仕組みなんです。

 

私、実はだいぶ前から目をつけていた読み切り作品があったんですよ。「おもしろい! しかもキャラが立っている! これはほかの読み切りから頭一つ抜けているぞ」と。

でも、なかなか連載されなかった……もう、企画がポシャったのか……そう思っていたときに満を持して「連載」が開始されました。

 

というわけで、前置きが長くなりましたが、今回は漫画アプリ「ジャンプ+(プラス)」で連載が開始された「悪魔のメムメムちゃん」という作品の感想を書いていきたいと思います。

 悪魔のメムメムちゃんとは

悪魔のメムメムちゃん 1 (ジャンプコミックス)

<毎週火曜更新> ヤレない・エロくない・がんばらない。稀代のポンコツ淫魔・メムメムちゃんが魂求めて奮闘するちょいエロコメディー!!

 少年ジャンプ+より引用

メムメムちゃんは悪魔です。しかも淫魔(サキュバス)なので、人間の魂をとってしまうというなかなかに恐ろしい悪魔です。

 

……なんですけど、上記で引用したように「メムメムちゃん」が圧倒的幼児体型で、なおかつ超恥ずかしがり屋のため、人間の魂をとるという悪魔にとって大事な仕事がうまくできません。

 

そんなときに、超弩級の足フェチである主人公「小日向日太(こひなた ひょうた)」に出会います。

 

彼のもとで仕事をしてから、彼女的に「イケそう!(魂とれそう!)」と手応えを感じ(実際のところそんなことはぜんぜんないのですが)、彼につきまとう……というようなストーリー展開です。

 

どこよりも早くメムメムちゃんの魅力にせまる! 特筆すべきおもしろポイント3選!

【メムメムちゃんの魅力その1】 オドオドしてすぐ泣くくせに、意外とずうずうしい

この記事を書いている時点では、読み切りのときの0話と連載第1話しかないのでまだ何とも言えないのですが、漫画開始早々4ページ以内ですでにメムメムちゃんは泣いています。

読み切りなんて、2話分とも2ページ目で泣きながら登場ですからね。

いやいやながらも健気に仕事をがんばる姿は胸を打ちます。私も泣きながら毎日仕事していますよ。

ただ、誰に似たのかポンコツなので仕事がうまくできない。そこで読者に芽生える「メムメムちゃんを応援したくなる気持ち」

 

その気持ちを、メムメムちゃんはうまくスカしてくれるんですよ。

 

「今回はしかたない、次、がんばって魂とろうよ」って応援してたら、「今回はうまくできなかったけど、がんばったからなんとか魂をください泣」って。

 

泣き虫でポンコツなのに、意外とポジティブでずうずうしいカンジが、ミスマッチして「フフッ」ってなります。

 

【メムメムちゃんの魅力その2】 エッチなことができないから、代用品で創意工夫してくる!

メムメムちゃんはエッチなことが大のニガテなんですけど、人間の魂をとらないとお仕置きがあるそうで、なんとか仕事をがんばっています。そのがんばる方向が、ななめうえにいっておもしろいです。

 

ぜひ彼女の活躍をその目で読んでほしい。

 

【メムメムちゃんの魅力その3】 ちょろい

 基本、メムメムちゃんが「泣きながら登場して、最後なんだかんだ泣き止む」という流れなんですが、小日向くんの泣き止ませ方がうまいのか、けっこうすぐ泣き止むんですよ。

 

あまりに立ち直りが早いので、もはや最速のチョロイン(チョロいヒロイン)ではないでしょうか。

 

めそめそ泣いたり、ニコニコしたり、表情がいそがしいところもおもしろくて魅力です。

 

作者 四谷啓太郎先生ってどんな人?

四谷 啓太郎(@ezweb_dylan)さん | Twitter

四谷啓太郎先生はツイッターをされているので、フォローするとメムメムちゃんの最新情報が手に入るかもしれませんね。

 

ちなみに、ジャンプ+で悪魔のメムメムちゃんの読み切りを掲載してから、なんとヤングマガジン 2016年 3/7 号 [雑誌]でも読み切りを掲載されていました。タイトルは「大人になったら美人になる子ちゃん」。小さな女の子が、小さいまま高校生になってしまったショートギャグ漫画です。

 

その他にも四谷先生はツイッターやピクシブに作品を発表されています。ぜひのぞいてみてください。

 

まとめ

 今回の「ジャンプ+の悪魔のメムメムちゃんが、オドオドずうずうしくておもしろい!」はいかがでしたでしょうか。

 

秀逸なキャラクターと、そのキャラ同士の会話のかけあいで、さらに魅力が増しておもしろい「悪魔のメムメムちゃん」。これから毎週火曜日の更新が楽しみです。

 

P.S 月曜日はファイアパンチ、火曜日はメムメムちゃんって、このコンボ……たいへんなことになってきやがったぜ! ジャンプ+!