読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこくまブログ

もはやただの雑記です。

【最新刊】「僕だけがいない街」7巻を読んだので感想を書く! 劇的なヒロイン交代か!

漫画

僕だけがいない街(7)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)

どうも! 筆者ともです。

 

今回は「僕だけがいない街」の最新刊である7巻を読んだので感想を書いていきたいと思います。ネタバレを含んでいるので、ぜひとも7巻を読み終わってからご覧下さい。

 

※僕だけがいない街とは

ヤングエースで連載中の「三部けい」の漫画。「この漫画がすごい!」に3年連続でランクインするほど人気のサスペンス漫画である。

 

前回の記事はこちら

tomo20150322.hatenablog.com

♯36 【始まりの地点 2005.05】

「あいり」に出会った「悟(さとる)」。

 

「僕はこの娘を知っている」

 

そう直感した悟は、なんとか「あいり」と会話を続けます。そのとき、「あいり」が以前、秘密にしていた夢について聞き出すことができました。

 

彼女の夢は、カメラをもって日本や世界を旅して、大好きな空の写真を撮ることだったんですね。

 

すっと気になっていた答えを知ることができた途端、「あいり」との記憶を大量に思い出したのか、悟はそのまま倒れてしまいます。

 

夢の中、悟は自分が小学生、中学生としてクラスメイトといっしょにいる記憶を思い出します。

 

そして、もう一度目を覚ます悟。今度は1年以上の時がすぎていました。

 

ただ、同じ時間をくり返し生きたこと……

一度失敗して、やりなおして成功した現在があること。

そのはじまりは「あいり」といた未来にあるということ。

 

上記の3点が、うっすらですが思い出せたようです。

 

以上が♯36のざっくりとした内容でした。

 

「悟せっかく目が覚めたのに、また1年寝ちゃったのか~!」と思わずつっこんでしまいました← でも、それによっていろいろと情報が整理できたので結果オーライでしょう。もうこれ以上、母ちゃんを心配させないでやってくれ!

 

個人的には悟の主治医である「北村先生」が「私の患者(悟)はモルモットではありませんので……」と教授からの電話を切るところが印象的でした。

 

筆者とも「この7巻は彼に注目していきます!←」

 

♯37 【足音 2005.07】

悟の母親「佐知子」の独白ではじまる37話。

昔は何気なくきいていた悟の足音と、現在のリハビリから帰ってきたときの足音。

 

その音が「何気ない日常こそが宝物」であることを佐知子に教えてくれます。また「悟の元気な姿を見ていたい」という彼女の夢がかなう場面を読んで、母親という存在の偉大さをつくづく感じました。

 

そんなほほえましい独白を引き継ぐように、語りは続いていきます。

 

悟が眠ってから、ひとりぼっちの時間が増えたこと。

悟を失ってから、目に見える景色が色あせたこと。

再び悟が目を覚ました姿を見たときは、「力強く」「神々しく」「この目に映った」とと。

 

「正直」「シビれた」で、この独白が変装した犯人「八代学(やしろがく)」のものであることが判明します。

 

筆者とも「八代てめえええええええええええ! どの面下げて悟の前に出てきやがったんだこのやろう!」

 

場面変わって、

二重の記憶があること、事件直前や真犯人のことを思い出せないことをケンヤに伝える悟。

 

この大人になった2人が階段で内緒話をしているかんじ、嫌いじゃないです。(好きです)

 

最後は

1年前、病院で出会った「久美ちゃん」と再開する悟。雨が降ってきたので、まだうまく歩けない悟に傘をとってこようと走る久美ちゃん。

 

そこにさっそうとあらわれる「ヒゲ(八代学)」。

 

紳士的に傘をさしだし、その場を去るヒゲ。

 

筆者とも「八代てめええええええ! そのひげ面バリカンでむいてやろうかああああ! (あと傘ありがとおおおお!)」

 

筆者とも「そして、そのヒゲをさらに細かく砕いて『こいつがスパイスだ!』とか叫んで、てめえの目玉にふりかけてやろうかあああああ!(新たなシーズンのはじまりだあああああ!)」

 

以上が、♯37のざっくりとした内容でした。

 

ところどころノイズが入っていて読みにくかったかもしれません。申し訳ございませんでした←

 

ちなみに、個人的なこの回のハイライトは、やはり独白の切り替え演出です。これによって八代の得体のしれなさがきわだったように思います。

 

あと、久美ちゃんが悟のために千羽鶴を折ったり、ハニカミながら会話しているところをみるとこれは第3のヒロイン候補(犠牲者)になりそうだと思いました。

 

♯38 【勇気 2005.08】

 自身の失った記憶を取り戻すこと、真犯人を追うことをあらためて誓う悟。

 

そんな気合いを入れたオープニング後、佐知子の手作りカレーを食べる久美ちゃん、北村先生、悟の面々。

 

久美ちゃんの「夏休みヒマ」宣言と、我らが北村先生の「ツンデレ」っぷりは7巻の癒しポイントなので、ぜひもう一度チェックしていただきたい←

 

リハビリする悟の病院に、突然、市議会議員のオールバックが登場。

最初、「こいつだれだよ!」とつっこんだのですが、「八代」の真の姿のようです。

こいつ……順調にステップアップしていやがる!

 

と、思いきや、駅のトイレでヒゲに変装して、ケンヤたちのビルに忍び込むという安定の変態行動。

 

自身を探っているケンヤたちをすでにマークしているとか、優秀すぎて軽く引きました←

ただ、次の♯39でケンヤはそのことに気づいていそうなそぶりを見せていましたので、優秀(変態)な2人の激突が今から楽しみです。

 

一方の悟は「あいり」のケータイ番号を思い出して、かけようとするも、ユウキ(白鳥潤)さんからの胸が熱くなる手紙を読んで直接会いに行くことを決意します。

 

7巻で一番の見せ場である♯39につなぐ、すばらしい回でした。

 

♯39 【愛梨 2005.08】

北村先生のいいお話から始まった今回。あらためて7巻のMVPは彼だと思います。

 

悟は、松葉杖をついて自分の足で歩いて、あいりに会いに行きます。

 

目の前を通り過ぎるトラックをきっかけに、リバイバルのことを思い出していくのですが、「あいり」の表記が作中ずっと「AIRI」だったんですよね。

 

演出だと気づいたのは、悟が「あいり」に無事に会えて、表記が「AIRI」から「愛梨」に変わったところでした。

 

でもこれで、またタッグを組んで八代と戦える! リベンジできると思ったのですが……

 

結果は、悟は愛梨と接触しませんでした。

 

愛梨に関する記憶をすべて思い出したところまではよかったのですが、そこで起きてしまった悲劇まで思い出してしまったからです。

 

大切な人だから巻き込みたくない。

 

そんな去り際がかっこいいぜ! 悟!

 

ちなみに、ここから悟の独白が一切なくなります。(さざんかのつどいにいくのか!? は例外←)

 

そのため、ケンヤには記憶はもどっていないと告げていますが、

 

「1回目のリバイバル(過去へ)、2回目のリバイバル(現在)、3回目のリバイバルのはじめごろ……までは記憶が戻っているのではないかと描写からは推測できます」

 

最後のページで元気がないように見える(考え事をしている)悟を励まそうと、第3のヒロインから一気にメインヒロインへと昇格した「久美ちゃん」が「さざんかの集い」という花火大会をみつけてしまいます。

 

これは市議会が企画した物で、八代の罠であるにもかかわらず……

 

この集いが最終決戦の舞台になるのでしょうか。私、気になります!

 

♯40 【待ち焦がれた未来 2005.08】

新ヒロイン久美ちゃん、ヒロインの座についたとたん飛ばしまくります。

 

彼女の提案で「さざんかの集い」という山茶花池公園で花火やBBQをする催しに参加するとこになった悟と佐知子。

 

それにしても久美ちゃんの「あーあ 行きたいなあ」「行けるかな?」「池がさあ すき通っててキレイなんだ」のコマで膝をかかえてゆらゆら揺れているところとか

「こんこん もしもーし」

のところとかおもしろすぎる。

 

当日のバスでは悟のとなりに座ったと思ったら、いきなり「あめいる?」とか、この日を楽しみにしてたんだろうな~と想像できてほほえましいです。

 

ただ、やはりヤツもついてきました。

 

さざんかの集いを計画したであろう経済企画委員長 西園 学(にしぞの まなぶ)

 

「八代」おまえ、いつから「西園」になったんだよ!

 

『僕だけがいない街』の伏線と前フリ解釈(5巻時点) 良いコミック

↑5巻までに「西園まなぶ事務所」って出てた! まじか!

 

そして変装したヒゲ(八代)は「古賀さん」って呼ばれてるし、なんなの?

 

百面相なの?←

 

バスとは別にヒゲの運転する車で現地に向かう佐知子。荷物をのせるとき、なにかひっかかったようですが……八代に気づくことができるでしょうか。

 

悟は15年ぶりに回復した有名人として注目の的になっています。

真犯人もそこを狙ってくると考えるケンヤ。

 

「自分が目立って、真犯人が目の前にでてきても、やつの思い通りにはさせない!」

 

並々ならぬ決意を秘めて、悟とケンヤは真犯人にたちむかいます。

 

2人で協力して、どうかこの連続殺人事件を終わらせてくれ! 佐知子や久美ちゃんたちが犠牲者にならないようがんばってくれ!

 

まとめ

 今回の『【最新刊】「僕だけがいない街」7巻を読んだので感想を書く! 劇的なヒロイン交代か!』はいかがでしたでしょうか。

 

衝撃の6巻の流れをくんで、この7巻は来るべき決戦の8巻へむけて、丁寧に登場人物が描写されているように思いました。

 

個人的には「あいり」の退場が衝撃的でしたね。

また悟といっしょに戦ってくれると期待していたのですが、「大切な人をまきこまない」という悟の決意に「正直」「シビれた」ってかんじです。←

 

「久美ちゃん」についてですが、私は「あいり」の妹ではないかと考えていました。「あいり」は「久美ちゃん」のお見舞いに来ていたから、あの場所にいたのかな~とか「あいりの夢は病気の妹を治していっしょにでかけること」かな~とも想像していたのですが。いやはや、まったくの他人でした←

 

それにしても、

ちょうど区切りの良いところで終わったので、もう今から「僕だけがいない街 8巻」の発売日が楽しみです。

 

( 2016年4月10日追記 Amazonで最新刊にして最終巻の「僕だけがいない街 8巻」の予約が開始されています。今から予約すればGW中には読めると思います。楽しみです。僕だけがいない街 (8) (完) (カドカワコミックス・エース)

 

そ・の・前に……

 

2016年1月7日より、「今風のおしゃれなキャラデザイン」でTVアニメが放送されます!

www.youtube.com

 さらにさらに、2016年3月19日(土)実写映画が全国ロードショーされます!


映画『僕だけがいない街』特報

 

私は原作の絵柄や雰囲気がすきなので、映画やアニメを見るかここにきて迷っています。

以前こんな記事を書いたのに←

tomo20150322.hatenablog.com

tomo20150322.hatenablog.com

 

筆者とも「大丈夫だ……大丈夫だ……いくつかPVや特報をみてちょっとイメージとちがうかも……とか思ったけど大丈夫だ。誤差の範囲だ。実際に見てみたら、『こ、これは2016年の最高峰の映画やアニメだ!』ってなるはずだ。そうだろう。きっとそうにちがいないんだ……大丈夫だ……大丈夫だ……制作してくれた方々を信じよう!!!!」