読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこくまブログ

もはやただの雑記です。

ジャンプ+で連載されてるブーメランパンツ野郎の「群馬アイドル神話 馬セブン」がクソ漫画すぎておもしろい!

漫画 漫画-WEB漫画

f:id:tomo20150322:20160711235239j:plain

どうも! 筆者ともです。

今回は、漫画アプリ「ジャンプ+」でとつぜん連載が開始された「群馬アイドル神話 馬セブン」クソ漫画すぎておもしろいので、感想を書いていきたいと思います。

「群馬アイドル神話 馬セブン」ってどんな漫画? 読んでみた!

ジャンプ+の作品紹介

<毎週水曜更新>作者、編集、デザイナー…この作品に関わる全ての人間が群馬出身!!群馬県成分100%!!漫画業界に衝撃走るクソ漫画、爆誕!!!!!!!!

 

上の作品紹介を読んで、不安と一抹の期待をしながら、1話を読んだんですよ。

1ページ目から「やってくれたな!」と思わず笑ってしまいました。1ページ目のあれはずるいと思います。

 

ストーリーとしては、

アイドル事務所のスカウトマンが、群馬にいるアイドルの卵を探しにいくというところからはじまります。いま流行のアイドルものです。アイドルマスターとかラブライブとか、おそらくそっちの系統で若干ギャグよりかと思ったのですが……すみません、私のカンチガイでした←

 

全力でギャグに振り切ってます。

 

もう、アイドルの卵のアイドルさがハンパないです。あのなんとも言えないカンジは、ぜひ読んで味わってもらいたい。

 

P.S.カラータイトルからの第1話「帰りてぇ……」は秀逸としかいいようがありませんでした。

今後の展開予想

普通だったら「馬セブン」というくらいですから、アイドルの卵が7人集まってアイドルグループを結成してデビューって流れになると思うんです。

 

ただブーメランパンツ野郎先生の漫画を読んだことのある方ならわかってくれるかと思うんですが、はっきりいって予想がつかないんですよ!

 

まず、スカウトマンの小宮が東京に帰れそうにないし、なんか死にそうだし、もしくはなんかに変身しそうだし、死のボーリング大会とかしそうだし、魔界とか行きそうだしぜんぜん先が読めない!

 

先生、「群馬アイドル神話 馬セブン」はこれからどこへむかうのですか! 

 

私、気になります!

 

【追記】うそだろ! 群馬アイドル馬セブン、光の速さで(第11話)でまさかの打ち切り!

2016年9月21日 追記

 

おもしろかったのに……っていうかこれからどんどんおもしろくなるかんじだったのに、無念の打ち切りです。

 

個人的には、小宮とじいさんがキスしたとこなんか最高におもしろかったと思います。

これからバトル展開でスケールが大きくなっていきそうだっただけに残念……

 

唯一の救いは「単行本」がでるらしいので、みんなが買ってくれたらブーメランパンツ野郎先生がカムバックするかも! 

 

作者 ブーメランパンツ野郎先生って何者? 調べてみた!

彗星のごとくジャンプ+に現れた奇才「ブーメランパンツ野郎」先生。

この記事を読んでいるみなさんは、おそらく「誰だよ! こんなふざけた名前の新人は!」と苦笑いしていることでしょう。

 

ですが、彼を待ちわびていた人たちは少なからずいるんですよ! 私もその中の1人です。

 

ブーメランパンツ野郎先生は「ジャンプルーキー」「あしたのヤングジャンプ」出身で、そこでも彗星のごとくあらわれたんですよ。

 

先生はジャンプルーキーやあしたのヤングジャンプに数々の名作(迷作)を発表されました。

ジャンプルーキー時代のブーメランパンツ先生の作品タイトル一覧

・私はジャスティス

・エクスカリバー

・小さな幸せ米太郎

・ヤスダ

・ダディのつぶやきカレンダー2015

……等々

 

とくに「私はジャスティス」は回を重ねる事にカオスおもしろさが増していき、最終回では、とても感動的な締めくくりを魅せてくれました。

 

ジャンプ+の第一回連載グランプリにエントリーした「私はジャスティスver1.01」では見事に一次審査(読者投票)を通過し、さらにまさかの二次審査(編集会議)も突破!

 

おしくも三次突破には至りませんでしたが、先生の活躍ぶりには心躍るものがありました。

 

そんなある日、先生とその作品たちはとつぜん消えてしまいました。

 

当時はツイッターもされていて、ジャンプルーキーの作者勢とわきあいあいと漫画について切磋琢磨されていたのですが、律儀に「漫画の修行をする」的なかんじのことをツイートして消えてしまいました。

f:id:tomo20150322:20150911223137j:plain

ねこくまくん「先生の漫画が読みたい……あのクソみたいな中毒性のある漫画が恋しい……」

 

そんな毎日をすごしていたら……

 

 

 

ブーメランパンツ野郎先生が、ジャンプ+公式で新連載を開始するっていうんですから、熱くならないわけないでしょうよ! そうだろ! ジャンプルーキーの作家や読者のみんな!

f:id:tomo20150322:20150907220158j:plain

しかもすごいのが、第一回少年ジャンプ+連載グランプリを受賞した「誰が賢者を殺したか?」と同時期に連載開始っていうところですよ! なんか漫画みたいで熱いじゃないですか!

 

予選で敗退して、それでも不死鳥のように復活されたブーメランパンツ野郎先生の連載(生き様)、魅せてもらいますよ!

 

 

あ、ちなみに私、ジャンプ+とジャンプルーキーは配信されたときから読んでいますので、たいていのジャンプルーキー作者のみなさんと作品は一致するんですよ←

 

たとえば短期連載されていたレプトイドのツヨシさんは、ネームで漫画をあげていたのですが、消されてるんですよね。荒廃した街で歌うアイドルっぽいキャラの子がおもしろかったのですが、もう読めないのかな……

 

まとめ

私としてはブーメランパンツ野郎先生の漫画が久しぶりに読めるので、かなりうれしいです。

「群馬アイドル神話 馬セブン」は「圧倒的な低画力」「クソ漫画」として売り出していますが、先生、私の目はごまかせませんよ←

「計算された圧倒的な低画力」「愛すべきクソ漫画」「一周回ったリスペクト群馬」の三本の矢で、ジャンプ+のギャグ枠を確立してほしいです。がんばってください!

 

twitter.com

↑馬セブンの公式ツイッターです。群馬出身の先生と担当さんがほんのりツイートしていますよ。