読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこくまブログ

もはやただの雑記です。

「ダンボー」派生のネコバージョン! 「ニャンボー」がかわいすぎる件!

ブログ ブログ-ほしい物リスト ブログ-ネコ

 

 

ニャンボー figure collection C set“mild

どうも! 筆者ともです。

さっそくですがみなさん、「ニャンボー」って知ってました? こいつはかわいすぎる!

事の発端は新刊発売前のそわそわ感によるいてもたってもいられない筆者ともの検索症候群がまねいたなんかあれ←

筆者とも「よつばと最新刊発売前で、そわそわしっぱなしの私。でもしょうがないよね! だって待ちに待った新刊なんですもの!」

 

筆者とも「ただ、いつも詰めが甘い私はここで気を引き締めないといけない。浮ついてなにかしらの事故をおこして新刊が読めなくなったら膝から崩れ落ちないといけないからね」

 

そんなわけで浮ついた気持ちを抑えようとネットで「よつばと」を検索して何かほかにおもしろい情報はないかと漁っていたら……

tomo20150322.hatenablog.com

 よつばが肌身離さずもっているくまのぬいぐるみ「ジュラルミン」が限定で発売されるじゃないですか! ねこくまブログとしてこれはは書かなきゃ!という謎の使命感に駆られて急遽書いたのが上記の記事。

 

で、今。この記事を書いているんですけど……

 

筆者とも「よつばと!関係で、ねこくまブログとしてくまは書いたけどねこの部分があいてるな……」

 

筆者とも「なにか猫関係はないだろうか……ん? こ、これは……」

 

筆者とも「……ニャンボー?」←今ココ。

 

「ダンボー」のネコバージョン! 「ニャンボー」がかわいすぎる件!

おいおいおいおい! ダンボーであのかわいさでしょ! それに猫が合体したらどうなるよ? 

 

最強だろうがっ!

f:id:tomo20150322:20150907220158j:plain

久しぶりのねこくま軍団「ニャンボー! ニャンボー!」

 

ここで落ち着いて詳細を見てみよう。

natalie.mu

コミックナタリーさんの記事によると、

ダンボーに猫風のアレンジを加え立体化した「ニャンボー figure collection」は、全部で10種類。胸には鈴がついており、頭・手・足・尻尾は可動する仕様だ。価格は1箱680円で、ブラインド使用のため種類は選べない。

10種類もあるんだ! こんだけあったら絶対に気に入った色柄のニャンボーがみつかるはず! でもブラインド使用で種類が選べないらしい……

 

f:id:tomo20150322:20150911223137j:plain

ねこくまくん「そ、そんなのってないよ」

そんなアナタはセットのニャンボーを購入したらいいじゃない!

ブラインドがあり、好みのニャンボーが買えないかも……と思っていたら、セット販売があるようです。3個入りセットが3種類と10個入り(全部入り)セットが一種類。

 

まずは3個セットを見ていきましょう。

上記はAセットでコンセプトは「スイート」になります。ニャンボーの色柄は「白」「黒(多)白(少)」「トラ柄白」。個人的には「白」の子がかわいいと思いました。耳だけピンクで豆腐みたい←

 

 上記はBセットでコンセプトは「ビター」になります。ニャンボーの色柄は「黒」「灰白」「三毛」。個人的には「灰白」の子がかわいいと思いました。家で飼ってる猫のガラ(模様)と似ているのでなんだか愛着がわいちゃいます。

 

上記はCセットでコンセプトは「マイルド」になります。ニャンボーの色柄は「濃灰白」「三毛ガラ多め」「トラ柄」。個人的には「トラ柄」の子がかわいいと思いました。やんちゃなかんじがいいね!

 

※ニャンボーの色柄については私個人の感覚で名前をつけています。正式名称があったらすみません。

 

次に10個セットの商品を見てみましょう!

 みんな揃うと壮観ですね。真ん中の段ボール柄の子が3種類のセットのどれにも入っていないのでレアなニャンボーかもしれません。

 

手のひらサイズ(全長6cm)なので、10匹いても、いつも勉強や作業をしている机に並べることもできますね。癒されながら作業ができそう。

 

まとめ

今回の「ダンボー」派生のネコバージョン! 「ニャンボー」がかわいすぎる件!は、いかがでしたでしょうか。

 

ダンボーに耳と尻尾をつけたらこんなにもかわいくなるとは……恐るべし! ニャンボー!

 

現在は予約注文だけのようですが、2015年の12月19日には発売されるようです。

 

新刊を読んだいきおいでBセット「ビター」のニャンボーたちを買っちゃおうかな←

 

↓よつばと!最新刊13巻について、こちらの記事もおすすめ

tomo20150322.hatenablog.com