読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこくまブログ

もはやただの雑記です。

猫の鳴き声の擬音語が国ごとにちがっておもしろいから、うちの猫にためしてみた!

ブログ ブログ-ネコ

f:id:tomo20150322:20160821193150j:plain

どうも! 筆者ともです。

今回は「ねこくまブログ」らしく、久しぶりににまつわる記事を書いていきたいと思います。注目したのは各国の猫の鳴き声です。

猫の鳴き声の国別の擬音語一覧

猫の鳴き声は、どの国でもいっしょです。ただし、同じ猫でも国ごとに文化が違うので、鳴き声が独自の擬音語になります。それらをまとめて確認していきましょう。

 

  • アフリカーンス語 ミャーウ
  • 英語       ミュー
  • フランス語    ミャオ
  • ドイツ語     ミアオ
  • 日本語      ニャーニャー
  • ロシア語     ミャウ
  • スペイン語    ミャオ
  • スウェーデン語  ミヤンミヤン

 

おわかりいただけたでしょうか……他の国が「ミ(M)」ではじまるのに日本だけ「二(N)」であることを! 「ニャーニャー」ってきこえるのは日本人だけなんですね。

 

国別に猫の鳴き声をひとつずつマネして、飼ってる猫がどんな反応をするかためしてみた

つぎは国別にひとつずつ鳴き声に注目していきます。どの鳴き声が、本当の猫の鳴き声に近いのか確かめてみたいからです。

 

というのも、うちで飼ってるおばあちゃん猫が、最近夏バテなのかトドのように寝てばかりいるんですよね。

 

私が「ニャーニャー」と話しかけてもまったく相手にしてくれないので、きっと日本式の鳴き声がいけないんだと思います。

 

うちの猫ってちょっと外国かぶれなところあるから。(そこらへんで拾ってきたふつうの猫です)

アフリカーンス語「ミャーウ」で猫と会話してみた結果

「ミャーウ」……とてもかわいいですね。さっそく、うちの猫に話しかけてみます。

 

筆者とも「ミャーウ」

うちの猫「…………」

筆者とも「ミャーウ」

うちの猫「…………」

筆者とも「ミャーウ! ミャーウ! ミャーウ!」

うちの猫「…………」目をあけているのに遠くを見つめている。

 

……どうやら南アフリカで使われている「ミャーウ」は、ちょっと猫と意思の疎通がはかれない仕様みたいです。そういうことなら仕方ないですよね。気を取り直して次の国をためしてみましょう。

(※ちなみにアフリカーンス語は南アフリカ共和国に普及している言語になります。)

 

英語「ミュー」で猫と会話してみた結果

筆者とも「ミュー」

うちの猫「…………」

筆者とも「ミュー」

うちの猫「ニャアウ!」

筆者とも「!! ミュー! ミュー! ミュー!」

うちの猫「…………」目をあけているのに遠くを見つめている。

 

英語の「ミュー」は2回目の呼びかけで返事をしてくれました! さすが全世界共通語の英語です。これはいけると思ったのですが、ただ、それ以降は反応がありませんでした。……暑かったのかな?

 

フランス語・スペイン語「ミャオ」で猫と会話してみた結果

筆者とも「ミャオ」

うちの猫「…………」

筆者とも「ミャオ」

うちの猫「……」

筆者とも「ミャオ! ミャオ! ミャオ!」

うちの猫「…………」目をあけているのに遠くを見つめている。

 

……いや~、うちの猫がフランスかぶれじゃなくて安心しました。フランスかぶれだったら、猫と会話するのにワインとか勉強しないといけないところですよ。スペインだったらサッカー勉強をしないと!

 

ドイツ語「ミアオ」で猫と会話してみた結果

筆者とも「ミアオ」

うちの猫「…………」

筆者とも「ミアオ」

うちの猫「…………」

筆者とも「ミアオ! ミアオ! ミアオ!」

うちの猫「…………(スッ)」そっと顔をそむける。

 

はずかしがりやなのかな……バームクーヘンは好みじゃないみたい……

 

日本語「ニャーニャー」で猫と会話してみた結果

筆者とも「ニャーニャー」

うちの猫「…………」

筆者とも「ニャーニャー」

うちの猫「…………」

筆者とも「ニャー! ニャー! ニャー~~~~~~~~!」

うちの猫「…………(スッ)」そっと顔を下にむける。

 

以前から日本の方式はためしていたので、順当な結果ですね。とくに問題ありません。

 

ロシア語「ミャウ」で猫と会話してみた結果

筆者とも「ミャウ」

うちの猫「…………」

筆者とも「ミャウ」

うちの猫「…………」

筆者とも「ミャウ! ミャウ! ミャウ!」

うちの猫「…………」しっぽの先が、ぶるぶると震える!

 

すごい! しっぽで会話ができました! おそロシア!

 

スウェーデン語「ミヤンミヤン」で猫と会話してみた結果

筆者とも「ミヤンミヤン」

うちの猫「…………」

筆者とも「ミヤンミヤン」

うちの猫「…………」

筆者とも「ミヤン! ミヤン! ミヤン!」

うちの猫「…………(チラ)」さっきからうるせえなという目。

 筆者とも「…………ごめんね。うるさかったね……昼寝のジャマしてごめん……」

 

まとめ

今回の「猫の鳴き声の擬音語が国ごとにちがっておもしろいから、うちの猫にためしてみた!」はいかがでしたでしょうか。

 

やはり英語は世界共通語でしたね。ふだん相手にしてくれない猫が会話してくれました。うれしかったです。

 

それにしても、国ごとの文化がちがうっておもしろいです。ちなみに、ほかの動物でも鳴き声の聞こえ方が国によってちがいます。

リストマニア

リストマニア

 

この本の220Pと221Pに、猫の国別の鳴き方の他に「牛の鳴き声」「蜂の鳴き声」「豚の鳴き声」「鶏の鳴き声」「カラスの鳴き声」「犬の鳴き声」「ア ヒルの鳴き声」「蛙の鳴き声」「鳥の鳴き声」「おんどりの鳴き声」「フクロウの鳴き声」「ヒツジの鳴き声」が書かれています。ほかにもいろんなリストが書 いてあるので、ちょっとした雑学がほしい方におすすめですよ。