読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこくまブログ

もはやただの雑記です。

これから来るオススメのラッパー「ぼくのりりっくのぼうよみ 」の「sub/objective」がかっこいい!

ブログ ブログ-音楽

hollow world

どうも! 筆者ともです。

今回は17歳の高校生ラッパー「ぼくのりりっくのぼうよみ」がメジャーデビューして「hollow world」というアルバムを出すのですが、その中でも「sub/objective」という曲が最高にクールでかっこいいのでご紹介したいと思います。

まずはYou Tubeで公式ミュージックビデオを聴いてみよう!

ビクターエンターテイメントさんの公式チャンネルから視聴できる「ぼくのりりっくのぼうよみ」の「sub/objective」を聴いてみよう! こちらになります。

www.youtube.com

めちゃくちゃかっこよくないですか!? MVも意味深でかっこいい!

1分43秒あたりでは本人も出演しています。

 

それにしても女の子の顔怖かったですね←

 

なんで白を刺したんでしょうか。女の子が青のことが好きで白がジャマだったから? もしくは逆で、女の子は白が好きで「何ウワキしてんだ、このホモっ!」ってかんじで刺したのかしら。

 

それとも白と青はなにかの象徴? 女の子はお金持ってたけどなんだろう? 親から渡されたのかな? 孤独なかんじが伝わってきて青と白といっしょにいて楽しかったんだろうけど……

 

構成としては2回目再生すると、わかるようなわからないような絶妙な中毒性のあるMVだと思います。

 

曲の方も静かでそれでいながらキャッチーなイントロで、気だるいラップでスッと入ってくるかんじ。

f:id:tomo20150322:20150830221450p:plain

ねこくまくん「グッときた!!」

 

OKMusic - ソーシャルミュージックサイト - オーケーミュージック

↑この記事によるとsub/objectiveは15歳のときに作った曲なんだとか……すげえぜ!

 

ただノリノリで音楽だけ聴いていたら曲の途中で突然「また会おうぜ!」ってセリフが入ってくるのがちょっとだけ残念←

 

純粋に、この曲の世界観に浸るなら、もうアルバムを買うしかないじゃない!

www.youtube.com

ぼくのりりっくのぼうよみって何者? 調べてみた

bokuriri.com

上記が公式HP。引用すると、

横浜在住の高校 3 年生、17 歳。早くより「ぼくのりりっくのぼうよみ」、「紫外線」の名前で動画サイトに投稿を開始。

高校 2 年生だった2014 年、10 代向けでは日本最大級のオーディションである「閃光ライオット」に応募、ファイナリストに選ばれる。主催の TOKYO FM の人気番組「SCHOOL OF LOCK!」で、その類まれなる才能を高く評価されたことで一躍脚光を浴び、既にTwitter のフォロワーは 3,000 人を超えている。

これまで電波少女 (DENPA GIRL) のハシシが主催する idler records から4 曲入り EP『Parrot’s Paranoia』をリリースしているが、今回2015年12月16日にリリースする1stアルバム「hollow world」が初めてのCDリリースとなる。

他のトラックメーカーが作った音源にリリックとメロディを乗せていくラップのスタイルをベースとしつつ、その卓越した言語力に裏打ちされたリリック、唯一無二の素晴らしい歌声、高校生というのが信じられない程のラッパー / ヴォーカリストとしての表現力が武器。

音楽シーンに一石を投じる強烈な才能の登場である。

 

たしかに音楽シーンに一石を投じる才能だと思います。その片鱗は「紫外線」名義で投稿した動画からもうかがい知れます。

 

 

ツイッターは3000人どころか倍の6000人になってるよ! 勢いハンパないぜ!

twitter.com

 

まとめ

今回の「これから来るオススメのラッパー「ぼくのりりっくのぼうよみ 」の「sub/objective」がかっこいい!」はいかがでしたでしょうか。

 

2015年は個人的には好きな音楽をたくさん知ることができてうれしい一年だったのですが、最後の最後に最高にクールな一曲でしめくくることができそうで、来年もいい年になりそうです。(気が早い←)

 

今度、「2015年に知った個人的に最高な音楽ランキング」でも発表しようかな!

 

それじゃあ今日はこのへんで。

 

また会おうぜ!←

 

hollow world

hollow world

  • アーティスト: ぼくのりりっくのぼうよみ
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2015/12/16
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 (※筆者とも 何回もMVを再生するうちに「また会おうぜ!」というフレーズが気に入った模様)

 

こちらの記事もおすすめ

tomo20150322.hatenablog.com

 

tomo20150322.hatenablog.com