読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこくまブログ

もはやただの雑記です。

2015年に何度も聴いたおすすめの邦楽ランキングベスト16!

ブログ ブログ-音楽

f:id:tomo20150322:20150506120347p:plain

ねこくまくん「今年の残像をのこしておくよ←」

 

 

どうも! 筆者ともです。

 

2015年も残すところあとわずかですね。

 

このブログでもいくつかおすすめの曲をご紹介してきましたが、今回は今年の総決算として、「私が2015年に何度も聴いた曲(邦楽)」をご紹介したいと思います。

 

※ひとつ注意していただきたいのは、2015年に私が聴いた曲のランキングなので、2015年リリースの楽曲ではないものも含まれております。

 

どれも自信をもってご紹介しますので、この記事を読めば、アナタの音楽の幅がきっと広がるはず!

16位 米津玄師 「アンビリーバーズ」


米津玄師 MV「アンビリーバーズ」

 米津玄帥(よねづけんし)は本名で、ニコニコ動画では「ハチ」名義で活躍している。そんな彼が2015年9月に満を持して4th Single「アンビリーバーズ」を発表。

 

最初ラジオできいたときのキャッチーなピコピコ音と「ヘッドライトに~」の歌い出しでやられました。この最初の部分が聴きたくて何度もリピートしました。あとMVのオオカミみたいなぬいぐるみがかわいいです。

 

15位 amazarashi 『スピードと摩擦』

www.youtube.com

怖い! けど、目が離せないMV。このどこかホラーでセクシーなセンス。曲とあいまって素晴らしいと思います。また歌詞の内容も深いのです。一体どんなモチベーションでこの作品を生み出したのか……

ヒントはYou Tubeの解説に記されていました。

命のあまりの早さに対して戸惑う気持ちが摩擦。
人が命を実感するのは、死に直面した時。
つまり命を理解するという事は、自分の終わりを想像できたという事でもある。
その時始めて命のスピードを知り、「焦り」が生まれるのではないか。
命のあまりの速さと、それに対する僕らの焦り。
それが摩擦して火花を散らすのが生きるという事なのではないか。

うわー! そのとおりだ! 2016年もがんばって生きる!

 

14位 禁断の多数決 "今夜はブギウギナイト(smooth rap)feat.NOPPAL"

www.youtube.com

『スピードと摩擦』とはまた違った、ほどばしるセンス。

 

最初ラジオで聴いたとき、「なんだこの聴いたこともない気だるげでかっこいい曲は!」と衝撃が走ったのですが、MVをみてますます衝撃が走りました。

 

意味がわからない!www

 

もう何回も聴きすぎて、3周くらい回って「やっぱかっこいいな……」って状態です←

 

最後は「空き缶!」ってつっこみました。

 

13位 水曜日のカンパネラ『桃太郎』


水曜日のカンパネラ『桃太郎』

最初ラジオで流れてきたとき「なんだこれ! なんだこれ!」って言いながらボリュームをあげました。

 

歌……なの? ラップ?

 

ただ、この曲も4周くらいして、「すげえかっこいいな」ってなった曲です。「キッビダーン、キビキビダーン」からの「魂の16連射!」が熱い!

 

MVの3:30くらいから、キジといっしょに覚醒した桃太郎が鬼ヶ島にいくシーンは深くにも目から汗が流れてしまいました。

 

って「つづく」んかい!←

 

12位 秋山竜次「TOKAKUKA」

www.youtube.com

「意味がわからないけど、かっこいい部門第1位」がこの曲。あまりの勢いに記事にまでしてしまいました。

 

【音楽】都か区か!?ロバート秋山の「TOKAKUKA」のMVの勢いがすごい! - ねこくまブログ

 

気になった方はぜひチェックしてみてください。

 

11位 Alexandros - Girl A


[Alexandros] - Girl A (MV)

 11位はAlexandros(アレキサンドロス)の11thシングル「Girl A」。ドラマ「サイレーン」の主題歌です。

 

単純にめちゃくちゃかっこいいんですよね。

 

ちなみにアレキサンドロスのMVって曲の最後におまけがあるんですけど、正直、そっちを楽しみにしてたりもします。

 

もはやおまけが本編←

この曲も3:10あたりからが本編です。

 

あと「ワタリドリ」って曲もいいかんじでおすすめです。

10位 THREE LIGHTS DOWN KINGS 『グロリアスデイズ』

www.youtube.com

 THREE LIGHTS DOWN KINGS(スリーライツダウンキングス)の曲が10位にランクイン!

 

このスピード感がたまらなくかっこいいんですよ。何度も聴きたくなる中毒性があります。

 

何度も聴いていると、ドラムさばきのすごさに気づくんですよね。私は音楽素人なので感覚で言っているのですが、あのたたき込み方ができたら気持ちいいだろうな~。

 

9位 ゲスの極み乙女。 - 私以外私じゃないの


ゲスの極み乙女。 - 私以外私じゃないの

 

頭から離れなくてこまった曲第1位←

 

「 私以外私じゃないの~♪」こんなフレーズをよく思いついたな~と思いました。

 

「私以外私じゃないの」の意味を考察してみた - ねこくまブログ

 

意味がわかりづらかったので、いろいろと考察したのが上記の記事。ますますわからなくなることうけあい!←

 

ゲスの極み乙女。では「ロマンスがありあまる」もよく聴きました。

 

 

8位 DAOKO 「ShibuyaK

www.youtube.com

かっこいい。ひたすらかっこいい。魅せられて記事まで書いてしましました。

DAOKOのShibuyakが頭の中でループ中! 吐息すらかっこいい曲だ! - ねこくまブログ

 

あと「水星」もいいかんじにアレンジされていて好きです。

 

7位 宇多田ヒカル - FINAL DISTANCE

www.youtube.com

 宇多田ヒカルでは「桜流し」「誰かの願いが叶うころ」などが好きなんですが、この「FINAL DISTANCE」は盲点でした。

 

2015年に聴く機会があって、あらためてその曲のすばらしさにふれて、何度もその世界観に浸った次第です。

 

6位 Goose house光るなら


【MV】光るなら Short ver. /Goose house

 

アニメ「四月は君の嘘」のオープニングテーマです。

 

さわやかな歌い出しから、流れるようにはねる歌声。

そこからはじけるサビの力強い盛り上がり!

 

私は合唱系に弱いのです。

 

アニメを見てないのに、この曲だけでいろいろ想像して泣いてしまってもうダメだ。最高!

 

5位 ぼくのりりっくのぼうよみ - 「sub/objective」


ぼくのりりっくのぼうよみ - 「sub/objective」ミュージックビデオ

 

この世界観。ハンパない! 今からもう新曲が待ち遠しい!

これから来るオススメのラッパー「ぼくのりりっくのぼうよみ 」の「sub/objective」がかっこいい! - ねこくまブログ

 

4位 WHITE ASH / Insight


WHITE ASH / Insight 【Music Video (Short Ver.)】

 

何を言っているのかわからない! でも、かっこいい! 意味なんていらない! 感じろ!←

 

 

3位 WANIMA-TRACE


8/5発売!WANIMA -TRACE (OFFICIAL VIDEO)

 

彼らの魂の叫びを聴いてくれ! それだけ!

これから来るであろうおすすめのバンド「WANIMA」の「TRACE」がかっこいい! - ねこくまブログ

 

2位 サカナクション/新宝島


サカナクション / 新宝島

サカナクションは「ワード」のころから好きなアーティストです。

 

今作「新宝島」は今まで内に向けていた歌詞が、外に向けられて書かれていると思いました。

 

 

「さよならはエモーション」「スローモーション」「ルーキー」も今年は何回も聴きました。

 

 

1位 Spangle call Lilli line "nano - TK kaleidoscope Remix" 


Spangle call Lilli line "nano - TK kaleidoscope Remix" (Official Music Video)

 

堂々の第1位はSpangle call Lilli line(スパングル・コール・リリ・ライン)の

"nano - TK kaleidoscope Remix"

です!

 

美しい。ただひたすら美しいんですよ。曲も歌詞もMVも! 芸術だと言っても過言ではないでしょう!

 

静かな歌い出し、徐々に流れ、うねり、最後。最高のクライマックスへと駆け抜ける高揚感!

 

今年は何度この曲を聴いたか、数えきれません。ホントは紹介したくなかったくらい←

 

この美しさをひっそり、ひとりじめしたい!

 

でも、みんなにもこの作品のすばらしさを知ってほしい!

 

この曲は実はいくつもパターンあってどれもすばらしいんですけど、やはりRemix版が最高です。

SINCE2

SINCE2

 

 

まとめ

『2015年に何度も聴いたおすすめの邦楽ランキングベスト16!』はいかがでしたでしょうか。

 

1位がまさかの2013年発売の曲でしたが(←)私の中で2015年の紅白歌合戦をするならこの曲たちです!

 

2016年はどんな音楽と出会えるのでしょうか。今からとてもわくわくします。

 

それでは皆さん、よいお年を!

f:id:tomo20150322:20150830221450p:plain