読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこくまブログ

もはやただの雑記です。

がっこうぐらし! 第9話「きゅうじつ」の感想とまじめな考察 それにしても最高の(りーさんの)水着回だった!

漫画 漫画-アニメ

どうも! 風船爆弾の魔術師に弟子入りしたい筆者ともです。

今回はがっこうぐらし!第9話「きゅうじつ」をニコニコ動画で視聴しましたので感想といたってまじめな考察をしていきたいと思います。どうぞ、よろしくお願い致します。

 

↓がっこうぐらし! 第9話「きゅうじつ」をまだ視聴されていない方はこちらからどうぞ

 

↓前回(第8話)の感想ブログはこちら

tomo20150322.hatenablog.com

 

 

第9話「きゅうじつ」のあらすじ

「みんな、お掃除しよう!」。部室に飛び込んできたゆきが、手にしていたのはデッキブラシ。彼女の発案で、4人は屋上の池を掃除することになる。貯水槽の 魚たちを網ですくい上げた後、泥だらけの底をブラシでゴシゴシ。そうしてキレイになった池のなかで、ゆきたちは水遊び! ビーチボールに水鉄砲、そして水 風船にフリスビー……。4人は時間を忘れて思いっきりはしゃぐのだった。

前回、「職員用緊急避難マニュアル」が金庫から出てきて学園生活部メンバーに衝撃が走りました。めぐねえのカギでこのマニュアルが出てきたことについてもメンバー内で言及しています。

 

……が

 

いつものようにユキの鶴の一声で貯水槽をそうじして、水遊びをすることに。部長のりーさんも一旦はマニュアルのことを置いて水遊びすることを選択しました。

 

りーさんの言葉をかりれば

「わたしたちには少し考えを整理する時間が必要だわ。これからのことも…めぐねえのことも…」

とのこと。

 

それでは視聴者である私も彼女たちがつかの間の休日を過している間に、めぐねえのことと彼女たちのこれからのことを考えてみたいと思います。

 

めぐねえの正体 その2

上記リンク先の第8話の感想ブログでめぐねえはただの高校教師ではなく、何かしらの研究所の職員だったのではないか。もしくは少なくとも生物兵器について何かしらの知識があったのではないだろうか。というような記事を書きました。

 

そのことに対して、学園生活部メンバーは以下のように考察しています。

 

くるみ 「なあ、あの鍵ってさ、めぐねえの名前が書かれていたんだよな」

りーさん「ええ」

くるみ 「それって、つまり、めぐねえは最初から知ってて」

りーさんなにかが起きるとわかっていて私たちに隠していた…と言いたいの?」

くるみ 「わ、わかんねえよ。わかんねえけど…」

みーくん「たぶんですけど、それはないと思います

みーくん「これって(マニュアルを指しながら)開封指示があるじゃないですか。渡されたのはずっと前かもしれませんけど、中身を読んだとしても

りーさんこうなったあと、ということね」

 

以上の会話を要約しますと

Q, めぐねえはなにかが起きるとわかっていて、それを部外者に隠していたのか?

 

A, マニュアルには開封指示があるため、めぐねえが「何かが起きるとわかった」のは感染爆発が起きたあとにマニュアルを読んだときであり、事前に情報は知り得なかった。またマニュアルを読んでいない可能性もある。

 

osusumenews.hatenablog.com

ゆっちーさんのブログに開封指示の詳細が書かれています。

(表紙に書いてあったこと~開封できる条件)

  1. 校長及びその代理よりの指示があった時
  2. A-1警報の発令時
  3. 外部よりの連絡が途絶し十日以上が経過した場合

 

 つまり、めぐねえは「感染爆発」や「ゾンビパニック」についての知識は持ち得なかったということになりそうです。彼女が感染爆発に対してなんらかの関わりがあれば、物語がさらにおもしろくなりそう! と思っていましたが、彼女は白でした。

 

筆者とも「真っ黒に汚れていたのは私です。めぐねえ、本当にごめんなさいっ!!!!」

 

りーさんやくるみも存在を知らなかった地下2階には何があるのか?

 マニュアルには「非常避難区画」というものが記載されていました。どうやら、それは地下2階を指すようです。その図面を注視して見たのですが、どうも5つ部屋(?)があるようです。うち3つは黒く塗りつぶされていました。

 

一体ここには何があるのでしょう。私なりに2つ思いつきましたので書いて行きたいと思います。

 

1 ワクチン的ななにか

学園生活部のメンバーの通う高校が、感染爆発に備えるための施設であることは十二分に証明されています。なので、それに対抗するための治療薬、もしくは予防薬のようなものがあるのではないかと思います。ただ、それらがすでに開発されているとしたら、初期の感染爆発を押さえることができたかもしれないことを思うと、ちょっと可能性は薄いかもしれません。

 

2 隔離室(かくりしつ)

風邪なんかをひいたとき、一般家庭でも健康な人と患者の部屋をわけることがあるかと思います。この隔離室には感染した人を閉じ込めて、後日救出するような部屋かなあと。たとえば、めぐねえのようにまだゾンビになりきれていない半ゾンビ状態の人が自分の意志で隔離室に入り扉に鍵をして、そこでゾンビ化しても誰かに攻撃される危険性ないというものです。ワクチンが開発されても、シャベルでふっとばされたらさすがに回復できないでしょう。そういう部屋かもしれません。

 

ただ、最後はめぐねえ歩き回っていましたね。

 

これも可能性は薄いかも。

 

徘徊するめぐねえとはち合わせた場合、だれがどのようにして戦うのか?

 この流れで行けば必ず、学園生活部メンバーはめぐねえと接触するでしょう。そのとき、誰がどうやって対処するのでしょうか。思いついた可能性を箇条書きしていきます。

 

1 みんなで逃げる。

ゾンビ化したとはいえ、自分らの盾になってくれた恩人を攻撃することはむずかしいでしょう。学園生活部の生活領域に万が一侵入して来た場合は、逃げて追ってくるめぐねえを利用してうまく逃げて生活区域外に出すという作戦です

 

2 くるみがしゃべるでいく

大好きな先輩の件もあります。くるみはいざとなったらいくと思います

 

3 太郎丸が勇敢に立ち向かう

なんだかユキかだれかが転んでしまい、すぐそこにめぐねえがいる! やばい! ってときに太郎丸がかけつけてくれそうな予感がします。彼はできるワンちゃんです。

 

4 りーさんが水風船爆弾でいく

風船爆弾の魔術師の件もあります。りーさんはいざとなったらいくと思います(←)

 

肝心の「風船爆弾の魔術師」にはどうやったらなれるのか?

ゆき「りーさんかっこよかった! わたしも魔術師になりたい! どーやったらなれるの?」

りーさん「え……っと、まずは悪魔と契約かしらね……」

 

 

筆者とも「わかりました。私、契約しますっ!!!!」

 

 

それにしてもりーさんの魅力が回を重ねる事にうなぎのぼりではないのか?

第9話ではりーさんのちょっぴりおちゃめな一面を見ることができました。

 

お腹まるだしの太郎丸をなでたり、くるみとの銃撃戦を演じたり、それにともない開放感に揺れる果実(←)

 

最高じゃないか!

 

水鉄砲を学校に持参とか、麦わら帽子をかぶって調子にのるあのかんじ……

 

きらいじゃない!

 

がっこうぐらし! アクリルスタンド りーさん

がっこうぐらし! アクリルスタンド りーさん

 

 

 第9話最高におもしろかったし、癒された……

 

あ、あれ? 楽しい水着回に忍び寄る不穏な影の正体は……

 

え、なに?

 

なになに?

 

なんか近づいてきてない?

 

f:id:tomo20150322:20150905001428p:plain

 

ちょっと、

 

……ちょっと、まってよ!

 

これって、これってさあ……め

 

f:id:tomo20150322:20150905001515p:plain

 

 

 うわあああああああああああああああああああああああぁああああああああああああああああああああああああああああああああああぁああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!!!!!!!!!

 

まとめ

f:id:tomo20150322:20150506105213p:plain

おまけ

osusumenews.hatenablog.com

↑がっこうぐらし!のアニメの時系列まとめと言えばのゆっちーさんのブログ!

 

picoro2015.hatenablog.com

↑ がっこうぐらし感想ブログの新星ピッコロさんのブログ。ラジオもしていらっしゃるみたいなのでみんなでわいわい感想をいいあえるかも!

 

 

hisoka02.hatenablog.com

↑ひそかさんのブログも更新されましたら追記します! ※追加しました!

 

↑いつもの閣下

 

がっこうぐらし! 9話 海外の感想 フラグ立ちすぎだろ・・・ | おたやく!- 海外の反応

↑海外の反応

 

 

TVアニメ「がっこうぐらし!」キャラクターソング(2) 恵飛須沢胡桃(CV.小澤亜李)&若狭悠里(CV.M・A・O)/HERO

TVアニメ「がっこうぐらし!」キャラクターソング(2) 恵飛須沢胡桃(CV.小澤亜李)&若狭悠里(CV.M・A・O)/HERO

 

 キャラソンも出てるのか!?

 

↓第10話「あめのひ」の感想はこちらからどうぞ

tomo20150322.hatenablog.com