読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこくまブログ

もはやただの雑記です。

最近のワールドトリガーがおもしろい。ランク戦はシミュレーションゲームや将棋が好きな人にオススメ!

漫画

はじめに

トリガーオン! トリオン体になった筆者「とも」です。今回は私がここ最近ハマっている漫画「ワールドトリガー」について思いの丈をつづっていきます。みんな、ベイルアウトしないで筆者「とも」隊長についてきてくれよな!(←)

 

そもそもワールドトリガーってなんぞ?

あらすじ

三門市。人口28万人。
ある日この町に異世界への門が開いた。
「近界民(ネイバー)」後にそう呼ばれる異次元からの侵略者が門付近の地域を蹂躙、街は恐怖に包まれた。
近界民に地球上の兵器は効果が薄く、都市の壊滅は時間の問題と思われた。
しかし、その時突如現れた謎の一団が近界民を撃退。
近界民の技術を独自に研究し、「こちら側」の世界を守るため戦う組織、界境防衛器官「ボーダー」。彼らはわずかな期間で巨大な基地を作り上げ、近界民に対する防衛体制を整えた。
それから4年。門は依然として開いているにも拘わらず、三門市を出て行く人間は驚くほど少ない。

中学生の三雲修もまた、ボーダーに所属していた。
ある日、修のクラスに転校生がやってきた。空閑遊真と名乗った少年は、何故かボーダーの人間にのみ携帯を許される「トリガー」と呼ばれる武器を持っていた。
修に問いただされた遊真は言う。
『俺は門の向こうの世界から来た。お前らが言うとこの「近界民」ってやつだ』
遊真と修、二人の物語が動き始める。

あらすじはこんなかんじで、最近アニメ化もしている作品。最高におもしろいのだけれど、どこらへんがおもしろいのか魂こめて解説していきます!

www.toei-anim.co.jp

 

最初の展開で「私は好きだけど、打ち切られそう」って思ったけどそんなことなかった!

なんか異世界の敵が日本に攻めてくるんですよ。ネイバーっていうらしいんですけど三門市にゲートつくってやってくる。で、ボーダーって人たちが応戦してやっつけるんですけど、その中で話がたぶん3つくらいに分けられます

 

1 VS ネイバー

2 VS ボーダー

3 VS 会議室

 

こんなかんじ。

1はそのまんまで、攻めてくる敵を武力でやっつけるって話。

2はボーダー同士で戦ってレベルを上げていくランク戦。

3はボーダー内の政治的なバトル。武力ではなく、言葉で戦う感じ。あ、武力もあった。

 

この3つが単体でみてもおもしろいんだけど、話が進むにつれてキャラが増えて全部つながっていくカンジが最高におもしろい。相乗効果ってやつかも。

 

たとえば、1でネイバーをやっつけるだけならわかりやすいしシンプルな話でおもしろいんだけれど、今度はこっちからネイバーの世界に攻めにいくってなったとき、ボーダー隊員の中でも優秀な人じゃないと遠征にいけないわけ。そこで2の隊員同士で戦ってランクを上げていく。1でいっしょに戦ってネイバーを追っ払ったボーダー同士で2で今度は戦うわけ。今日の友は敵な感じ。まあそこまで敵!ってかんじはしないんですけど、1で地味だった隊員が2で実はすごいやつだった! とかあるわけ。あと、3の政治的な話でトップから命令があれば、ボーダーは任務を遂行しないといけなくてそこでも戦ったりする。

 

とにかく全部の話がいいかんじにハイブリットしていておもしろいのですよ。うまく言えないけど。

 

とくにボーダー同士のランク戦がおもしろい!

隊員3人とオペレーター1人の4人で1チームなんですが、このチーム同士が戦って得点を争ってランクを上げていくかんじがおもしろい。

 

とくに主人公のチームは新人なのにめちゃくちゃ強いから、ほかのボーダーから一目おかれるかんじ。たまらんわ~。

 

とくに諏訪隊と荒船隊と主人公の三雲隊の戦いはおもしろかった。遠距離攻撃のスナイパーの荒船隊を警戒してわざと荒船有利のマップを選んで、諏訪隊と目標を一致させるとか。最高すぎる。将棋とか、スーパーロボット大戦とかの市シミュレーションゲームみたい。サモンナイトとかもやったな~。頭脳戦っていうの? とにかく、そういうのが好きな人にはぜひおすすめしたい。

 

また前項にも書いたけど、キャラがいい。3人1チームが3チームあるからマップには9人いるんだけど、正直ぱっとしないキャラもいるわけで。ただ、そのぱっとしないキャラVSぱっとしないキャラでもチーム戦だから燃える! あ、こいつネイバーと戦ってから成長したな!とか新たな発見がある! そういうの大好物です。

 

那須隊と鈴鳴第一とのランク戦も最高!

嵐の中の川辺での戦闘ということで、戦力が分散されるあのかんじ。それをそれぞれのチームが活かしながら戦うあのかんじ。たまらん! 村上も強かったけど、正直那須さんが強すぎた! そして散り際が美しい! たまらん!

 

そして今、ジャンプが夏休みでおあずけ状態の四巴戦。え? 休載!?

そして今、新たなランク戦がはじまってるんですよ。今回は4チームで戦うんですけど、これがもうおもしろい。今まで主人公チームはいいかんじに勝ち上がってきたんですが、その他のチームも強者ぞろいで、なんでおまえらB級なのってのがたくさんいる。で、まさかの最初のベイルアウトが彼とは……

 

これからどうなっちゃうの!?ってところで、夏休みでジャンプはお休み。そして、夏休み明けのジャンプにワールドトリガーは休載って! そ、そりゃないぜ!

 

ワールドトリガーが読みたい症候群で手が震える。

 

東さんがかっこよすぎるんだ! まだ25歳で大学院生!? 優秀か!

 

まとめ

とにかくワールドトリガーについて書き散らしましたが、ようはランク戦が好きすぎて続きが気になってしかたない! ってことを書きたかったんですよ。

 

ついワールドトリガー成分がなくなってしまって禁断症状を紛らわすためにこんな雑文を書いてしまったのですが(いつもだって?)、続きがホントにまちどおしいな~。

 

ってやばい。ワールドトリガーの続きが読みたすぎてトリオンがもれてる!

くそ! 今日はここまでか!

 

緊急ベイルアウト

 

ドシューン!

 

(↑これがやりたかっただけ)

 

詳細はこちらから

ワールドトリガー - Wikipedia

 

 

 ↑原作の11巻。諏訪隊の隊長「諏訪さん」。すごい胆力!