読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこくまブログ

もはやただの雑記です。

がっこうぐらし! 第4話「えんそく」 謎が深まるもガーターベルトみーくんはちゃんと女の子だった!? 

漫画 漫画-アニメ

はじめに

こんにちわ。筆者「とも」です。今回もニコニコ動画でがっこうぐらし!の第4話「えんそく」を視聴しましたので感想を書いていきたいと思います。

 

視聴はこちらから

 

第3話の感想はこちらから

tomo20150322.hatenablog.com

 

 

第4話のあらすじ

まだみーくんと出会う前の、ある日のこと。朝からご機嫌なゆきは、前の日の夜、とっておきのアイデアを思いついていた。そのアイデアとは、学校の外へ「遠 足」に出かけること! 「学校行事なら外に出たことにはならない」と主張するゆきに押し切られる形で、くるみとりーさんも遠足に同行することになってしま う。目的地は、郊外にあるショッピングモール。入念に計画を立て、めぐねえの車を借りて、学校の門を出ようとするが……。

 

 今回はみーくんとゆきたち3人が出会う前のお話でした。卒業アルバムを作るゆきとみーくん。そこからみーくんが回想するという形で過去のストーリーがはじまります。

 

みーくんは友達のケイちゃんといっしょに学校帰りにショッピングセンターに寄り道します。そこで太郎丸と出会ったんですね。太郎丸の飼い主のおばあちゃんとあいさつをして別れた後に傷害事件(ゾンビパニック)が起こります。

 

エレベータで下に下りようとしたところ、その中は地獄絵図。パニックは加速します。試着室に隠れるみーくんとケイ。そこに襲い来る何か。何かは太郎丸だったのですが、この一回すかしてからの飼い主おばあちゃんのゾンビ化!怖い!

 

無事にショッピングモールの一室に隠れることができたのですが、みーくんとケイの考えがすれ違っていきます。そとに出たいケイととどまるみーくん。ついにケイはみーくんを置いて外に出ます。それに続く太郎丸。

 

くしくもその日、学園生活部のメンバーも「えんそく」と称して車でショッピングモールへ向かいます。

 

ここで4話は終わり、5話の「であい」に続きます。

 

気になったところ

今回の第4話は時系列でいうと、第3話で学校の屋上に閉じ込められてしまった場面より少しあとで、みーくんと出会う少し前となります。つまり屋上に閉じ込められてどのように脱出したのかという場面はまだ描かれていません。この空白期間にゆきのあの症状が発生したと考えられます。ストーリーを飛ばすということはやはりこの期間になにか重要な事件がおこったのだろうと推測されます。

 

 

とりあえず、この件は置いといて第4話で、いくつか気になった点がありましたので箇条書きします。

 

  • Aパート(前半)のみーくんのスペックの高さ。海外小説を原文のまま読もうとする頭がいい感じ
  • ラジオ放送が受信できない。ということは少なくとも一県以上の地理の範囲は壊滅しているのではないか。
  • みーくんもケイも、また学園生活部のメンバーもケータイ・もしくはスマホは持ち歩いていないのだろうかという点。また学校にインターネットに接続できるパソコンは生きていないのだろうか。
  • 「めぐねえよんでくる」というゆきの発言からの流れ。「めぐねえ待ちだな。ゆきにまかせようぜ」というくるみ。それに対するりーさんの「ずいぶん積極的になったわね」。「ゆきも調子いいみたいだしな」「めぐねえの車かな」と二人の会話をバックに暗い廊下を職員室にむかってあるくゆき。このシーンが意味深すぎる。
  • そのあとのめぐねぇを交えての会話。ここでおかしいと思ったのは、車の運転を「くるみ」がすると決まったところ。通常は大人のめぐねえがするべきところをりーさんいわく「いざというとこのため」という理由で「くるみ」が運転することに同意しています。そして最大におかしいと思ったのはりーさんの「ゆきちゃん車の鍵とってきて」発言。めぐねえがそこにいるのなら、ふつうは本人に「貸して下さい」と一声かけるだけでいいはず。私の中でりーさんはちょっとかわってるけど比較的常識人だと思っているのでやはりこの発言には違和感がある。
  • またくるみ一人で車まで疾走し、りーさんとゆきがバリケードをぬけて合流。ここも違和感。まず、ゆきねえの車をくるみがわからないのもおかしい。出発前にめぐねぇに「どんな車か? 車のナンバーは?」と確認すればいいだけなのに。また車に乗り込むシーン。停車位置からゆきとりーさんは最短の左側から乗り込むはず。ところが後部座席で、ゆきは右側運転席後に座っています。その隣にめぐねえがしれっと乗っていて「どっからきたんだめぐねえ!」ってなる。つまりゆきが先にのりこんだあとめぐねえが乗ったのであればそのような描写があってしかるべきだし、かわりにめぐねえがゆき達よりも先に車に乗っていたとしたら後部座席右側にのっていないと少しおかしい気がします。
  • あとガーターベルト

 

感想まとめ

 いろいろとあった第4話でしたが、私が個人的に一番印象にのこったのは「みーくんはちゃんと女の子だった」と言う点です。私はてっきり「みーくん」は実は「男の子」なんじゃないかな?と疑っていました。そう思った理由は、「もしそうだったらびっくりするよな~」というもの(←)

あの寝起きガーターベルトで「え? うそ! ホントに女の子だったんだ! みーくんごめん」と心の中で謝罪したことをここに書いておきます。

 

ただ私はアラサーのおっさんなので、女性の方がガーターベルトをして布団で寝るという行為に「なんで? 寝にくくない?」と思いました。

登場人物全員が半袖なのでがっこうぐらし!の舞台は初夏~夏くらいの季節だと思われます。初夏~夏は暑いです。

制服のスカートをはいて布団で寝ると暑いからスカートは脱ぐ。これは理由としてわかります。最近暑いので私もたまにスエットを脱いでトランクスで寝たりしますし(←)

ただ、問題はここからです。暑いのにハイソックスを穿いたまま寝るでしょうか。ふつうのアラサーおっさんならそのようなものを穿いて寝ません。いや、もしかしたらそういう人も世界中に何人かはいるかもしれませんが、ただ少なくとも私は穿きません。

 

ではここで女子校生の気持ちになって寝てみましょう。さっそくスカートを脱いで(そんな気持ちで)パンツ一枚で寝ます(←)

 

みーくんの気持ちになった筆者とも「……むずむず」

みーくんの気持ちになった筆者とも「あれ、足下がスースーするなぁ」

みーくんの気持ちになった筆者とも(なんか寒い気がする)

みーくんの気持ちになった筆者とも(ハイソックス穿かなきゃ)

みーくんの気持ちになった筆者とも「すね毛もないし、お肌もつるつるしてハイソックスがずれるからガーターベルトで止めよう」

みーくんの気持ちになった筆者とも(よし! これで安心。おやすみなさい。ケイ)

 

 

 

 

 

……あ、これ寝てますね。女子校生はハイソックスを穿いて就寝しています。がっこうぐらし!は勉強になるなぁ(←)

 

 

 

おまけ

おすすめの第4話感想

osusumenews.hatenablog.com

ゆきまでもという発想はなかった! おもしろい考察です!

 

 

↓海外の反応

がっこうぐらし! 4話 海外の感想 ショッピングモールでサバイバル! | おたやく!- 海外の反応

 

↓いつもの閣下のやつ

 

 ※追記 

↓がっこうぐらし! 第5話「であい」の感想ブログはこちらからどうぞ

tomo20150322.hatenablog.com

 

 

↓原作4巻 キンドル版

がっこうぐらし! 4巻 (まんがタイムKRコミックス)

がっこうぐらし! 4巻 (まんがタイムKRコミックス)